デカダンス

日記のような、短編のような、詩のような、俺

札幌

実家にて、

 

札幌郊外の寂れた町、米里。工場とコンビニとラブホと精神病院しかない、曇り空が似合う町。そう、ここが俺の故郷。否が応でも、ここに帰ってくると、たくさんの思い出が蘇ってくる。みんなにもあるでしょう、そんな、ユートピアみたいな場所が。

 

あいにくの雨模様ではあるが、さすが北海道、本当に涼しい。涼しいを通り越して、もはや寒いぐらいだ。エアコンもつけず、扇風機も回さず、窓も開けない、それでも涼しいってんだから、おかしな話だ。なんでこんな住みやすい場所をでて、あんな地獄鍋みたいな場所に行ってしまったんだろうか。まぁ住みやすいけど窮屈だよな。実家の自分の部屋のベットに横たわり、天井の模様を眺める。あぁ不思議な感じ。

 

ジンギスカンをビールで流し込み、母の作った豚汁(ぶたじると読むか、とんじると読むか(打ち上げ花火を上から見るか下から見るか、を踏襲))をすすり、美味い米にがっつけば、都会のゲロ飯でバカになっていた俺の短い舌も、元の肥えた舌に戻った。ちなみに、豚汁とジンギスカンは俺の大好物だ。息子と酒を飲み交わすことができて、親父はとても嬉しそうだった。紅潮した顔で、

 

「俺が死ぬまでに、嫁さん連れてこいよ」

 

と親父は言った。最近、親戚のお兄さんが結婚したので、きっとその影響なのだろう。俺はアラサーの独身女じゃないんだから、まだそんなこと言わないでくれ。悪かったね、浮いた話は一つもないよ。

 

チューニングはすぐ狂うし、弦高高すぎてカポはつけれねぇし、埃まみれだし、ほんとジャンク品の名に恥じないイカれアコギをジャガジャガと、木の壁に囲まれながら、低いベットの端に座って、ジャガジャガと。

 

 

今度帰ってこれるのは、春でしょうね。元気でね、カメきち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏という短編小説

 

 

 夏休みの宿題(課題)を天才的なテキトーさでやり終え、パァっと明るい気分に胸を踊らせながら、柄にもなくネバヤンを聞いて夏を感じる部屋の中。蝉がミンミンと鳴き、扇風機と換気扇がブンブン回る。先週ゴミ出しを忘れてしまったせいで、台所には二週間分のペットボトルや空き缶が散らかっている、壁だけ綺麗な部屋、枕元には分厚い本が置いてある。読み切れるのかな、なんて呑気なことを考える夏()。

 

youtu.be

 

 

 楽しい楽しい72833がやってきた。ラジオ体操の代わりに、寝起きに硬くなったあそこをまぐらかして、かいけつゾロリの代わりにドグラ・マグラを読んで、友達の家で遊ぶ代わりに、一人でツタヤに映画を借りにいって、スーパーで買い物をして、その足でブックオフに立ち読みしにいったら、遠くにいる友達から電話がかかってきた。変わらない声に、どこかほっとして、立ち話もなんですから的なノリで、ベンチに座り込んで以心伝心。30分ほどで切り上げて、豆腐を引っさげクリーミーな歌を口ずさみながら、ママチャリをこいだ。いつのまにか夜になっていって、街は光って、空は藍色に染まっていた。時速26kmで家に帰ってきて、特製麻婆豆腐を胃にかきこみ、ディブィディを見ようかなっと思ったけど、ツタヤの黒い袋がとっても煙草臭くて、気が変わった。一行日記の代わりに、パンツ一丁で苦行日記をしたためながら、平凡な恋に憧れつつ、夢想が無双する夜。夜風がカーテンを揺らす。ビール、ビール、ビール、レモンサワー。

 

 ある女にラインを二、三日置いてから返信されて、無性に腹が立ったことだったり、ブログで読者に媚びを売る奴に対する心の咆哮だったり、バイト先で、バランスボールみたいな身体した女に舐めた口きかれた遣る瀬無さだったり、夏という一種の短編小説の中に入り込み、カタルシスに酔いしれる数億人の普通人に対する、淡く脆い嫉妬心や嫌悪だったり、そういう過去や劣等感に関する加工された憤懣をつらつらと書きなぐろうかなって思ったけど、やめた。今日の俺は気分がいい、のかもしれない。汚い数式と消しカスばかりが机に広がった虚しくも涼しい夏。

 

youtu.be

DEBASER

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

今日やっとこテストが終わった。今回は過去最高にしんどかった。去年より授業数全然少ないはずなのに、なんか色々と大変だった。テスト終わったらやりたいことたくさん考えてたけど、いざ終わってみると、疲れすぎて何もやる気が起きねぇ。昼寝だけで午後を食いつぶす勢いだったので、こりゃいかんと思い、仕方なく、しばらく更新していなかった日記を書こうかと、重い腰を上げた次第。三週間以上書いてなかったので、書き方や、自分のスタイルをすっかり忘れてしまった。それにしても、暑すぎるぞ関東の夏。殺す気か。

 

単位取れてるか怪しい科目については、俺自身しか興味ないと思うので、さて、何を書こうか。この三週間の間にいろんなことがあったけど、特段、面白いことはなかったな。強いて言えば、サークルの同期数人が、俺の家に来たことぐらいだろうか。女の子も二人いたので、来る前に洗濯物片付けて、掃除機二回かけて、シコてぃをゴミ袋に片付けて、部屋の調子を整えた。案外、普通に来てくれるものなんだなぁ、と思いつつ、彼女たちとの距離感がより一層分からなくなった。800kmぐらいあんのかなって思ってたけど、実のところ、あと5mぐらいなのかもしれないな。そこに見えてるのが本当の彼女たちとは限らないのだろうけど。テスト期間中の他人との絡みといえばもっぱら、the童貞の機械工(俺の学科)の友達か、ジョナサンの妖怪たちであり、唯一その時だけ、ときめきを楽しむことができた。実を言うと、そのうちの一人に対して密かに惹かれてる。でも、寝て起きたら、だいたい気持ちは冷めてるから、これは恋じゃなくてただの性欲なんだろうな。彼女は床に卵を落とした。僕はラッキーと思った。

 

バイト先では、先輩との関係が劣悪になり(俺の無愛想と無責任さと、自己中が全ての因)、一時期は挨拶まで無視されていたが、反省したふりをし、なんとか回復の一途をたどっている。業務内容もだいたい身について、暇な時は一人でキッチンを任せられるようにもなった。後輩もたくさん入って来て、指導をする側になった。いつもポテトをつまみ食いしたり、マニュアル無視の本当にテキトーなことばかりしているので、教える時は疲れる。女子高生にタメ口をきかれ、密かな興奮を覚えた(嘘嘘嘘、普通に腹立つから、しかもクラスで下から4番目ぐらいのブスだし、あいつ絶対BL好きだろ、スカートめっちゃ長くて、一週間に3回はマスクして学校行ってるだろ、しねバス)。おっ、調子を取り戻して来たんじゃないか。やっぱ人の悪口って最高だな。

 

せっかくだから、the童貞の友達についても少し書こうかな。学科で、喋ったり、一緒に課題をやる友達は二人しかいない。そのうちの一人とは、何の縁なのかは知らないが入学当初からつるんでいて、人脈がない俺に過去問をくれたり、課題を教えてくれたり、なんだかんだお世話になっているので、日頃の感謝の気持ちを込めて、彼をここに描写しよう。

 

彼の名前は、並岡くん。眼鏡で短髪(だいたいいつも寝癖がついてる)。中肉中背。ラインの名前をタピオカにしていたり、夏以外は基本ずっとダボダボのジーンズに上はヨレヨレのイカくさそうな真っ黒のパーカーを着ていたり、初対面の人や、目上の人と喋ると麻薬患者みたいにキョドッたり、のくせ、気が知れた奴に対しては、横柄な態度をとったりと、絵に描いたような童貞(お前が言うな)。よく質問に質問で返してきたり、夜中の三時とかに平気で数学の問題を送ってきたりする。バイトもしてないくせに、3階に住んでいて、こないだベランダに本格的な蜂の巣ができているのを発見したらしい(これ聞いてめっちゃ笑った。何ですぐ気づかねぇんだよ笑)。彼の口癖、

「あぁ、何もいいことねぇ」、「比田井しね!」

(比田井というのは俺の学科のバカみたいな量の課題を出す教授のこと)

 

会った当初は、上に書いたような、彼の自己中加減にいちいち腹が立ってしまい、彼を友達だとは数ミリも思っていなかった。と言うか、めっちゃ嫌いで、一時期は距離を置いていた。でも、一緒に教授の悪口を言い合いながら日曜日に数学の課題をやったり、定食屋で一緒に飯を食っているうちに、だんだん慣れてきて、最近やっと、彼の意図しない面白さと、意外に友達思いなところに気づき始めて、まぁ友達なのか、とすんなり思えるようになった。並岡くんへ、単位落としまくってるけど、大丈夫ですか。留年だけはしないようにね。

 

 


イントロやべぇ〜、人間のクズで良かったと思える曲だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁかったるいよ、七月

昨日まで三日間、テルマエくんが泊まりに来てた。ニケツして千葉駅にいってぶらぶらしたり、千葉公園でソフトクリームを食べたりブランコを漕いだり(この時、ケータイを落として、少し焦った。綺麗な人妻が拾ってくれていて、助かった)、遊戯王をしたり(俺の圧勝だった。米里一位は伊達じゃないな)、拾ったテニスボールでキャッチボールをしたり、銭湯に行ってパンツを持っていくのを忘れてノーパンで帰って来たり、酒を飲んだり酒を飲んだり、通学路の草むらにゲロを吐いたり。雨で死んでる人がいるっていうのに、全く能天気なもんだぜ。まぁ対岸の火事だからな。

 

テルマエくんに、「この部屋、壁だけは綺麗だね」と言われた。まぁ確かにそうだ。ぐうの音も出ない。一生エアコンをつけないとバカみたいに気張っていた俺だったが、テルマエくんに説得され、つけてみると、あまりの快適さに驚愕した。けち臭いのも考えものだな。ただ、エアコンにずっと当たっていると腹が痛くなる(ちゃうわ、中学生みたいにバカみたいに毎日牛乳飲みまくってるからだろ、もうお前の成長はオナニーのし過ぎで完全に止まったんだよクソチビ。潔く諦めろ)。

 

炎天下、不思議そうな顔でモノレールを眺めるテルマエくんを、不思議そうに眺めていた。暑かったなー。もう七月か〜あぁカッタるいな〜気持ち悪いな〜夏になるといろんなこと思い出しちゃうな〜。去年の夏に帰省した時、自動車教習所の外で、あの子に送った不自然すぎるラインは忘れたくてもやっぱり忘れられないな。「遊ぼ!」じゃねぇんだよ童貞、夏休みに近所の友達を誘うのとはワケが違うんだからな。「ここ行こ!」なんだよ。でも頑張ったね。周りの奴らはバカにして茶化すだけだから、俺が褒めてあげるよ。頑張ったね。大丈夫、いつかきっとバカにされたことも、あの子のえくぼの形も忘れちまうから。ポケットに入った小銭の数なんてさっさと忘れちまおうぜ。くよくよすんなよ、男だろ。でもね、

 

「本当に好きだった。今でもちょっと好きなんだ。こないだ、君が映ってる動画をツイッターで見つけちゃって、一人部屋で2、3回再生しちゃったよ。気持ち悪くてごめんね。自分でも嫌になるよ。高校生の時より大人っぽくなって、よりいっそう綺麗になったね。僕は相変わらずなんも変わってないよ。最近、鼻の上にでかいニキビができて、サークルの先輩に笑われたよ。共有した思い出なんて一つもないのに、ただたまたま席が隣でちょっと喋っただけなのに、元彼づらしてウザいよね、キモいよね。でも君がマスクを取って飴を口に放り込んだあの時から、セーブポイントが未だにないんだよね。だから、電源入れたらいつもあそこから始まっちゃうんだよ。他にも色々やってるはずなのにさ。このテレビゲーム、壊れちゃったんだね」

 

最近、一週間に一回ぐらいのペースで書いているこの日記?だが、前よりも書くことが苦でなくなった。いや、と言うか、書いていて大して楽しくもないし、苦しくもない。だから、なんだかテキトーに続けられてる(のかな?)。俺の書いたことで世界を変えようとしていたら、無駄に疲れちまうし、俺の痛みを分かってくれって訴え続けていたら、読んでる方が疲れちまうだろうし、惰性でポテチを食うみたいな感じで、ダラダラな気持ちをダラダラ書いてる。そこにはなんの意味もないんでしょうか。ええ、なんの意味もありゃあしやせんよ。

 

youtu.be

夏っぽくて爽やかなのに、嫌味がなくて、愛おしい、とても好き。

 

あぁかったるいよ、七月。

いつだって雨が

腹が立つくらい暑いなぁ。やっぱりこの重たく全身にのしかかってくるような関東の暑さには慣れないな。夜になったらだいぶ涼しくなったが。

 

誰だって、たまに無性に歌いたくなる時があるでしょう。今日がその周期だった。ちょうど暇だったので、ピッカピカのギターを担いでヒトカラに行き、カルピスを飲みながら二時間ばかし歌った後、駅前のビルに行って、ワイヤレスのイヤホンと指揮棒を買った。俺は今まで星の数ほどイヤホンを断線させて来たが、これなら長く持ちそうだ。

 

カラオケはほとんどしないで、ギターを弾きながら歌った。普段、アパートで大声を出せないぶん、今日は好きなだけ叫びまくった、鳴らしまくった。全く意図したつもりはないのだが、着ていた服が文化祭の時とまるっきり一緒だった。

 

最近、性欲が凄くて、どうにかこうにか耐えてはいるものの三日坊主が限界。例えるなら体の中で欲望が沸騰していて、それを必死で押さえつけている感じ。疼くんだよなぁ。誰かどうにかして欲しいなこの厄介なものを。俺はヤリたいわけじゃないんだよなぁ。ただ、一回でいいから手を繋ぎながらのんびり歩いてみたいんだよなぁ。一体どういう気持ちなんだろうか。全くわからないな。年取ったら本当に性欲ってなくなるものなんだろうか、にわかに信じがたい話だな。

youtu.be

 

 

いつだって雨が〜

 

悠長壊して、確率破り、文月に至るは桃源郷

噛んでも音がしない徳用ウィンナーから、少しだけ音がする上級ウィンナーに変えた。バター入りマーガリンという、なんとも貧乏人の心を見透かしているかのようなセイユーの商品も買って、とろけるチーズも買って、アイロンも買って、最近、生活がちょっとずつ変わってきているような、そんな気がする六月末。

 

腐っても根はサッカー小僧だから、ワールドカップの日本代表戦は全部見てる。セネガル戦も一人で酒飲みながら応援していたら、隣のやつも見ていたらしく、本田のゴールが入ると、自分のじゃない歓喜の声も聞こえてきて、ちょっと嬉しかった。いや、今大会すげぇ面白い。俺の中では南アフリカ大会が一番面白かったんだけど、リアルタイムで見てたし、ちょうど一番サッカーに熱中してた時だったからかな。ロシア大会はそれを超えるかもね。ただ、サチモスじゃあ、タマシイレボリューションには絶対に勝てないね。

 

話は変わって、CRYAMYというオルタナバンドことについてちょこっと語りたい。いやぁそれがもう本当に一言で言うと、すげぇかっこいいんだよ。カニちゃん経由で知った(今のところまだ)無名バンドなんだけど、一昨日ユーチュブにアップされた初のMVを見て、「好き」が爆発した。焦燥の叫び声、ぐちゃぐちゃのギター、天才的な歌詞。そこいらの技術を見せびらかすだけの腑抜けたアホな偽バンドや、工場で大量生産されている茶髪の男ウケにに全てをかける顔面まんこ女子大生や、チックトックで生き恥を晒す肉便器どもや、でかいだけの椅子にふんぞり返って人間より数字を信頼するきっしょく悪い大学教授を、全てけちょんけちょんに蹴散らして、煙草を吸いながら「俺らが一番かっこいいんだぜ」、とさらっと言っちゃうような、そんな感じのクールにぶっ壊れた俺のどストライクな音楽。バンドも映画も小説も、人間も、どっかがぶっ壊れてないとかっこよくないと俺は思う、そして、壊れるのって簡単そうで意外と難しかったりする。

youtu.be

 

そんなことを思いながら、少しだけ首を傾げながら、俺は明日も一限からしょうもない大学に行くんだよな。

 

今日は暑かった。市民プールの匂いを思い出しながら、ノアの方舟に乗って、コンクリートの海を漕いだ。このままいけば七月には桃源郷に着くはずなんだけれど、計算上はそうなのだけれども、食料が底をつき始めたから悠長なことは言ってられない。だからって、頭でっかちのお前が御託を並べる必要はねぇ、着く確率は俺が勝手に決めるんだ。

 

 

 

好きな映画

気づいたらもう六月も半ば、その割には雨のせいか最近涼しい日が続いていて、とても寝つきやすい。髪がボサボサに伸びたこと以外に、特に変わったこともなく、学校と家を行き来するだけの毎日、というのは誇張、というか嘘。バンドマンに倣って、髪を伸ばしている最中だが、どうやら、俺が髪を伸ばしても、不潔なインキャにしかならない、なれないらしい。頑張って、汚い浮浪者ぐらいにはなりたいんだけどね。

 

今日、池袋で8万のクラシックギターを買った。ジョナサンで稼いだはした金が全て吹っ飛んだ。型番が710だったので、名前は納豆でいいなって思った。水曜日に届く予定。まずは正常位だよね。

 

笹尾が8/5のロッキン(フェス)に誘ってくれた。チケット二枚しかないのに、そのうちの一枚を女ではなく、俺にくれてどうもありがとう、情けないノーパン。ホルモンもtetoも出るらしいから、なんとか期末テストはこれをモチベーションに乗り越えられそうだな。

 

前置きはこれぐらいにして、

 

皆さん映画は好きですか? 俺はこう見えて、結構映画好きなんですよ。

 

餓鬼の頃、親父の影響でよく映画をみていた。高校時代はあまり見ていなかったが、大学に入って、自分のTカードを作ってからは、バンバンavを借りるようになった、というのはご冗談で、再び映画を見るようになった。やっぱり映画は面白い。

 

興味ないと思うけど、俺が好きな映画をあげてく。この記事は随時更新するかも。

 

1、ターミネーター

youtu.be

たぶんこのブログを見ている人たちは、単細胞で低脳の人が多いので、一つ目はアクションものを選びました。でも、ただのSFアクション映画じゃないんだよなぁ、ストーリーも秀逸だし、役が全部ハマっているし、何と言っても台詞回しがかっこいい。チャリ漕ぎながら、おもちゃのショットガン撃って、何かあるたびに、親指を上げてアイルビーバックって言ってたな。ということで、おとといきやがれクソ野郎。

 

ちなみにだが、2がだんとつで面白いので、2から見てもだいたいストーリはつかめるので最初は2を見るのがオススメです。面白かったら、次に1を見よう、2と密接につながっている。3、4もあるが、まぁ面白いっあちゃ面白いんだけど、ターミネーター好きじゃないと、面白く感じないかもね。あと、3のジョンの劣化ぶりはひどい、2で恐ろしく美少年だったジョンが3ではただの猿になる。

 

 

2、スタンドバイミー

youtu.be

ただの名作。もし何かの間違いで将来俺に子供ができたら、NHKじゃなくてこれを見させようと思ってる。

 

3、アイデンティティ

youtu.be

わーこいつ、有名なやつしかあげねぇじゃん、にわか野郎だな、と思い始めたそこの早漏くんのために、過小評価されてる、サスペンスの名作をあげるね。その名もアイデンティティ野沢雅子じゃねよ、サカナクションでもねぇよ。

 

少しだけ映画の説明をすると、

 

ある雨のひどい晩、洪水で道が塞がってしまったために、辺鄙な場所にあるモーテル(安い宿)に、様々な事情を抱えた、なんの関係性もない老若男女が集まってくる。殺人犯を連れた警官だったり、家族だったり、元警官だったり、女優だったり、そこで、人が死んでいく、さて犯人は誰なんだ?といった感じの映画。

 

これだけなら、コナンみたいなんだけど、まぁオチに驚愕すると思うよ。俺はサスペンスを見る場合、オチを予想しながら見る(それが楽しい)けど、この映画のオチは全く予想できなかった。これ考えたやつすげぇってなった。そのストーリーの奇抜さもさることながら、細かいところもよくできていて、本当に見ていて飽きない。どんでん返し!って銘打つ映画ほど大したことなかったりするけど、この映画は本当にどんでん返しが待ってるので、是非、とてもオススメです。始まりもすごいけどね。

 

4、ヒメアノ〜ル

youtu.be

漫画やアニメを原作にした映画は安っぽい作りのものが多いが、これは面白かったね。映画が面白かったから、原作の漫画も読んだ、どっちも違った感じで面白かった。これいろんな人が言ってるけど、森田の演技がすごいね。途中のエロシーンもなんかすごいリアルで、昨日見たavより全然良かった。題名なんだっけな、たしか、なま中だし、とかだったような気がするな。

 

5、セブン

youtu.be

はい、俺の親父の口癖、

 

「俺ブラピに似てないか?」

 

いや、全然似てねぇよ、てかお前、禿げてるやん。

お父さん、乳の日おめでとう、いつも感謝してますよ。

 

オチに期待しすぎないように。作りがしっかりしているので、あくまでエンタメ映画として見た方がいいと思う。同じ監督が作った、ファイトクラブって映画もカニちゃんに勧められて見たけど、俺はこっちの方が、映画としては好き。あれもすごい面白かったけどね。

where is my mind?

 

5、レオン

youtu.be

3文字続き。いやぁ、それにしてもナタリーポートマン可愛いなぁ。

 

これは有名だから、説明いらんか。好きです。はい、終わり、次。

 

6、ナチョリブレ

youtu.be

暗い映画が続いたから、とことん明るいやつ。ほんとクッソ笑えるから、騙されたと思って見てみ、ほんと笑えるから。俺の弟も大好きな映画。5、6回は見たな。

 

7、サマウォーズ

youtu.be

理系の冴えない男子はみんなこの映画を見て、口を揃えて最高だ!と言う。俺もそのうちの一人。でも、いつまでたっても、なつき先輩は絶対に現れないから、数学の問題解いてる暇あったら、まず髪を切りに行こう、そして、コンタクトにしよう、そこの君。

 

8、コクリコ坂から

youtu.be

ジブリ枠、ピュアな心で見よう。恋がしたくなる。笹尾くんにオススメ。

 

上を向いて歩こうが流れるシーン強烈に好き。

 

9、火垂るの墓

youtu.be

悲しいけど、なんども見ちゃう。こないだも、金曜ロードショーでやってて、ついつい最後まで見ちゃった。映像の古ぼけ感がすごくいいよね、ただのドロップがあんなにも綺麗に見える。

 

10、菊次郎の夏

youtu.be

去年の夏の暑い日に見た。静かな気持ちになった。やっぱりサマーはいいね。

悲しみの中にある笑いが一番好き。

 

11、十三人の刺客

youtu.be

究極のチャンバラ映画。やっぱり侍ってカッケェな。俺もちょんまげにしようかな。

 

12、苦役列車

youtu.be

俺は西村賢太が大好きだから、この映画をめっちゃ面白いって思うけど、普通の人からしたら、凡作になってしまうのか。前田敦子が可愛く見える不思議。原作とはちょっと違うけど、面白かった。

 

13、羊たちの沈黙

youtu.be

俺が一番映画で好きなジャンルはサスペンス。宙吊り、ハラハラ、この映画は一貫して緊張感がある。題名もかっこいいね。

 

14、プレデター

youtu.be

シュワちゃん二度目の登場。何を隠そう俺はシュワちゃんが好き。

いわゆるサバイバルものの中で一番面白い。プレデターズっていうリメイク版もかなり面白いから、おすすめ。プシュ、プシュ、パァ。って誰が、プレデターじゃ。

 

15、パーフェクトブルー

youtu.be

カニちゃんに教えてもらって見た。面白かった。ユーツーブに映画あがってる。

 

16、少林サッカー

youtu.be

伝説。俺がサッカーを始めるきっかけになった映画。イナズマイレブンなんて相手じゃない。

 

今日はこれぐらいにしといてやる。

 

今度は好きなav女優でもやったろうかな。