デカダンス

日記のような、短編のような、詩のような、俺

ベンチ外

 書くかどうか、結構迷ったけど、書く。

 

 

 昨日、いつものように夕方からバイトに行った。休日ということもあり、店はかなり混んでいた。オーダーが連続で立て込み続け、伝票が馬鹿みたいに増えて行く。ため息をつきながら、必死で食らいついた。

 

 こういう、クソ忙しい時は、三人でキッチンを回すのが常なのだが、昨日はマネージャーが、何をトチ狂ったのか、お偉いさん(マネージャーの上司?)とこっぴどく言い合いをし始め(何を言い合っていたのかは分からない)、オーダーが立て込み始めた途端に厨房から出て行ってしまった。残された、俺と、社員のおばさんは、二人でなんとかやろうとしたけど、限界があった。程なくして、マネージャーが戻ってきた頃には、もはや、何から手をつけていいのかわからないほどに、オーダが滞っていた。

 

 なんとか、全てのオーダーを片付け終え、ふと一息ついていると、マネージャーが俺に、「食材の補充をしろ」と言ってきた。生返事を返しつつ、補充を始めたのだが、すぐに、マネージャーが俺の方に近寄ってきて、「君、やる気ある?」と一言。「はい」とだけいうと、低い声で、「一応、俺歳上じゃん、なんかさっきから君の態度見てたら、返事が適当だったり、だるそうに動いたり、俺のこと舐めてるようにしか見えないだよね、すごく失礼じゃないか?」、これにも「はい」とだけ答えると、語気を強めて、「おい、俺の目を見て言え」と脅しのようなことを言ってきた。仕方なく目を見てやると、マネージャーは、じゃなくて大森は、思いっきりガンを飛ばし、俺のことを恐怖で、押さえつけようとしてきた。

 

 虚勢でもなんでもなく、ぶっちゃけ前のマネージャーの方が10倍怖かった。何より、そんなチンケな恐喝でなびくような人間に見られていることに腹が立ったし、自分の過失の腹いせというか、八つ当たりとしか思えない、その馬鹿丸出しの言動に俺は静かな憤りを覚えた。確かに、俺の昨日の態度は最低、最悪だったとは思う。だけど、そこは少しぐらい見逃して欲しかった。俺だって、バイトの分際でも必死に働いたんだ。それにお前だって、明らかに悪いじゃねぇか。連休明けで、なまってんのかしらねぇけどよ、テメェだって十分、やる気ねぇじゃねぇか、このクソ陰茎が!

 

 俺は大森の目を見ずに言った。「そんなこと言われるぐらいなら、もう辞めていいですか、10月いっぱいで辞めます」、すると大森は、キョトンとした顔をした後に、小さな声で、「そうしてくれ」と言った。やっぱり、なめられてた。俺みたいな背の低くて無口な男に、なめた態度とられたことが、よほど気に障ったんだろうな。ほんと、かわいそうな男だぜ、裏で、いろんな奴に悪口言われてたり、仕事ができない奴にだけやたらと厳しかったり、お前みたいなやつは人の上に立つ資格も、器もねぇよ、仕事のストレスでうつ病でも発症して、部屋で首でも吊ってさっさと死ね。ムカつくんだよ、バイトはお前の駒じゃねぇんだよ、金さえ払ってれば、なにしても、何言ってもいいと思ってんじゃねぇぞこの無能野郎が! そう言えば、お前、こないだ、従業員の定着化云々とか、働きやすい職場を目指すとか、偉そうにぬかしてやがったな、ザマァ見ろ、自分で墓穴掘ってんじゃねぇか、いくら無能なバイトでも、いるといないじゃ、全然チゲェンだよ、くそったれが。くそったれが、くそったれが。

 

 アルバイトを探してるそこのあなた、ファミレスでは絶対に働くな。本当に割にあわねぇ。もう一度言っとく、ファミレスでは絶対に働くな。

 

 と言いつつ、なんだかんだ、八ヶ月ぐらい働いたのか。思い返せば、嫌なことの連続だった。一難去ってまた一難。本当にそれだった。大嫌いだったデブのマネージャーがいなくなったと思えば、その意思を引き継いでいた吉田先輩と犬猿の仲になり、バイトの日がめちゃくちゃ憂鬱になった。それでも、人間性は鏡という、言葉を信じてやってみたら、なんとか良好な関係に修復できた。やっと、前向きな気持ちで働き始めたのも束の間、これだもんなぁ〜〜〜。もうほんと嫌になっちゃうな〜。また、歪んだは。また社会にねじ曲げられたは。たしか、緑色の髪の毛の男が言っていたよ「災難ってもんは畳み掛けるのが世の常」だって、俺はそんなかっこいいこと言えねぇ。「災難ってもんはできりゃあ最小限に留めて欲しいってのが、本の音」

 

 今のところ不安はあるけど、後悔はない。また派遣バイトに降格か。

 

youtu.be

歌に思い出を閉じ込めて

 気づいたらもう九月か。夏休みが半分終わってしまったと思うと、かなり焦るな。八月はバイトづくしで、毎日が灰色だった。でも、ほんとあっという間だった。

 

 サークルの合宿で海に近い田舎町に一週間ばかし行っていた。そんで、今日ちょうど帰ってきた。病院食のような味気ない料理を食べ続けていたので、その反動で、帰ってくるなりに、家系らーめんを食べに行った。カラカラに渇いていた体に大量の油と塩分が染みて行った。やっぱり体に悪いものはうまい。

 

 合宿なんて大げさな、と思うかもしれないが、本当にほぼ一日中練習していたから、合宿って言っていいと思うんだ。俺の入ってるマンドリンサークルはかなり真面目なサークルだと思う。本当、サッカーの合宿とあんま変わらないぐらい疲れた。

 

 駅前にコンビニが一つもなかったり、歩いているのが、ほぼ老人だったり、時間がゆっくりと流れているあの静かな空気感だったり、絵に描いたようなノスタルジーに溢れた田舎町で、日々の喧騒から離れることができた。バイトがない毎日というのは本当に素晴らしいものなんだなぁと実感。

 

 畳の上に薄い布団をひいて、友達と同じ天井を見ながら、バカ話をしながら、眠りに落ちるなんていうのは、たぶん今しかできないことなんだろうな。あと10年もすれば、みんな会わなくなって、会えなくなって、毎日に追われるんだろうな。でも、ふとしたと時に、思い出すんじゃないかな、田舎町に行って音楽をやって、一緒に畳の上で寝たことを、きっと。蒸し返すコンクリートの細い道路を一緒に歩いて、真夜中に波打ち際で、手持ち花火の光から離れて、一緒に立ちションして、笑いあったことをきっと思い出すよ、会社に行く朝、家を出る玄関で靴紐を結んでる時とかに、ふとさ。

 

 合宿や旅行の最終日というのはいつもセンチメンタルな気分になってしまう。畳んだ布団や、のどかな昼の光に照らされた整然とした部屋が、やけに目に染み付いたり、駅のホームの青い椅子をぼんやり眺めてしまったり、音楽がいつもの何倍も脳天を揺らしたり、そんなこと俺だけなのかもしれないけど。

 

 ぼんやりと記憶を辿りながら、日記を書いていたら、土埃が吹き荒れる荒いグラウンドを思い出した。今でもあの時のサッカーボールが頭の中で転がって、オアシスのリトルバイリトルが流れてる。

 

youtu.be

soundcloud.com

 

歌に思い出を閉じ込めて。

 

「ここがずっと痛いから、ここにずっといたいんだ」

 

 突然だけれど、集合写真を撮る時、あなた(お前は)はどこにいてどんな顔をしていましたか? あれってだいたい、いつも同じところに同じような人がいるから、不思議なもんすよね。ど真ん中に座って両手でピースサインしてる女はヤリマン。俺はね、いつも一番端っこに立って、面白くなさそうな顔をしてましたよ。こないだ弟の集合写真見たら、同じように、端に立ってたから、あぁ兄弟なんだなぁって。

 

 友情は放っておいたらすぐに錆びついていくけど、それを止めてくれてるのが思い出とか、記憶なんだと思う。でも、思い出も徐々に薄ぼやけていくから、運転免許証みたいに時折更新しないとダメなんだろう、そうだろう、しまじろう。だから、俺は昔の友達より、今の友達の方が、残念ながら友達だとも思えちゃうもん。俺の隣に立っていた太った男も、きっと今頃そんなことを思ってる。

 

 久しぶりにブログでちょっぴり臭いことを言ったところで、驚くべき事実を書こうか。なんとこのブログの読者の中に、人妻がいる。びっくり仰天。新旧の友達や、売名目的の糞ブロガー(お前の記事クッソ面白くねぇからな、どんだけはてなスター置いてったって、ぜってぇお前のブログなんて見ねぇからな、どっかいけウンコ)や、文章力がカスのアバズレ猫ババァ(撃退済み)や、本当に、類を友を呼ぶとはよく言ったもので、今までこのブログの読者にはロクな奴がいなかったが、とうとう普通の世間さまが俺の日常を覗いてくれるようになった。とか言いながら、日常書いてないや、いけないいけない、書かないと、えーっと、おとといオナニーしました。

 

 その人妻(主婦)がどんな気持ちでデカダンスを見ているのかは知らないが、まぁその事実は嬉しいものだ。チラリとその方のブログを拝見したが、素朴な印象を受ける文で、しばしば描写される人妻の日常には、素人ハメ撮りのような生々しいエロさが漂っていた。ネカマだったらめっちゃ面白いな、あれぇーーーー丘people、なんつってな。

 

youtu.be

youtu.be

 

  KISSは俺の親父が大好きなバンドで、初めて聞いた(聞かされた)ロックがKISSだった。男の子の心をくすぐる、バカみたいに分かりやすいメロディ、簡単で強烈なリフ、今聞いたら、すげぇ懐かしい。覆面バンドの元祖なんじゃないか。狼四人組よりも、以外といい曲あるから、聞いてみるといいよ。初めて弾けるようになったギターのフレーズもKISSの曲だったな、もう弾けないけど。

 

 

札幌

実家にて、

 

札幌郊外の寂れた町、米里。工場とコンビニとラブホと精神病院しかない、曇り空が似合う町。そう、ここが俺の故郷。否が応でも、ここに帰ってくると、たくさんの思い出が蘇ってくる。みんなにもあるでしょう、そんな、ユートピアみたいな場所が。

 

あいにくの雨模様ではあるが、さすが北海道、本当に涼しい。涼しいを通り越して、もはや寒いぐらいだ。エアコンもつけず、扇風機も回さず、窓も開けない、それでも涼しいってんだから、おかしな話だ。なんでこんな住みやすい場所をでて、あんな地獄鍋みたいな場所に行ってしまったんだろうか。まぁ住みやすいけど窮屈だよな。実家の自分の部屋のベットに横たわり、天井の模様を眺める。あぁ不思議な感じ。

 

ジンギスカンをビールで流し込み、母の作った豚汁(ぶたじると読むか、とんじると読むか(打ち上げ花火を上から見るか下から見るか、を踏襲))をすすり、美味い米にがっつけば、都会のゲロ飯でバカになっていた俺の短い舌も、元の肥えた舌に戻った。ちなみに、豚汁とジンギスカンは俺の大好物だ。息子と酒を飲み交わすことができて、親父はとても嬉しそうだった。紅潮した顔で、

 

「俺が死ぬまでに、嫁さん連れてこいよ」

 

と親父は言った。最近、親戚のお兄さんが結婚したので、きっとその影響なのだろう。俺はアラサーの独身女じゃないんだから、まだそんなこと言わないでくれ。悪かったね、浮いた話は一つもないよ。

 

チューニングはすぐ狂うし、弦高高すぎてカポはつけれねぇし、埃まみれだし、ほんとジャンク品の名に恥じないイカれアコギをジャガジャガと、木の壁に囲まれながら、低いベットの端に座って、ジャガジャガと。

 

 

今度帰ってこれるのは、春でしょうね。元気でね、カメきち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏という短編小説

 

 

 夏休みの宿題(課題)を天才的なテキトーさでやり終え、パァっと明るい気分に胸を踊らせながら、柄にもなくネバヤンを聞いて夏を感じる部屋の中。蝉がミンミンと鳴き、扇風機と換気扇がブンブン回る。先週ゴミ出しを忘れてしまったせいで、台所には二週間分のペットボトルや空き缶が散らかっている、壁だけ綺麗な部屋、枕元には分厚い本が置いてある。読み切れるのかな、なんて呑気なことを考える夏()。

 

youtu.be

 

 

 楽しい楽しい72833がやってきた。ラジオ体操の代わりに、寝起きに硬くなったあそこをまぐらかして、かいけつゾロリの代わりにドグラ・マグラを読んで、友達の家で遊ぶ代わりに、一人でツタヤに映画を借りにいって、スーパーで買い物をして、その足でブックオフに立ち読みしにいったら、遠くにいる友達から電話がかかってきた。変わらない声に、どこかほっとして、立ち話もなんですから的なノリで、ベンチに座り込んで以心伝心。30分ほどで切り上げて、豆腐を引っさげクリーミーな歌を口ずさみながら、ママチャリをこいだ。いつのまにか夜になっていって、街は光って、空は藍色に染まっていた。時速26kmで家に帰ってきて、特製麻婆豆腐を胃にかきこみ、ディブィディを見ようかなっと思ったけど、ツタヤの黒い袋がとっても煙草臭くて、気が変わった。一行日記の代わりに、パンツ一丁で苦行日記をしたためながら、平凡な恋に憧れつつ、夢想が無双する夜。夜風がカーテンを揺らす。ビール、ビール、ビール、レモンサワー。

 

 ある女にラインを二、三日置いてから返信されて、無性に腹が立ったことだったり、ブログで読者に媚びを売る奴に対する心の咆哮だったり、バイト先で、バランスボールみたいな身体した女に舐めた口きかれた遣る瀬無さだったり、夏という一種の短編小説の中に入り込み、カタルシスに酔いしれる数億人の普通人に対する、淡く脆い嫉妬心や嫌悪だったり、そういう過去や劣等感に関する加工された憤懣をつらつらと書きなぐろうかなって思ったけど、やめた。今日の俺は気分がいい、のかもしれない。汚い数式と消しカスばかりが机に広がった虚しくも涼しい夏。

 

youtu.be

DEBASER

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

今日やっとこテストが終わった。今回は過去最高にしんどかった。去年より授業数全然少ないはずなのに、なんか色々と大変だった。テスト終わったらやりたいことたくさん考えてたけど、いざ終わってみると、疲れすぎて何もやる気が起きねぇ。昼寝だけで午後を食いつぶす勢いだったので、こりゃいかんと思い、仕方なく、しばらく更新していなかった日記を書こうかと、重い腰を上げた次第。三週間以上書いてなかったので、書き方や、自分のスタイルをすっかり忘れてしまった。それにしても、暑すぎるぞ関東の夏。殺す気か。

 

単位取れてるか怪しい科目については、俺自身しか興味ないと思うので、さて、何を書こうか。この三週間の間にいろんなことがあったけど、特段、面白いことはなかったな。強いて言えば、サークルの同期数人が、俺の家に来たことぐらいだろうか。女の子も二人いたので、来る前に洗濯物片付けて、掃除機二回かけて、シコてぃをゴミ袋に片付けて、部屋の調子を整えた。案外、普通に来てくれるものなんだなぁ、と思いつつ、彼女たちとの距離感がより一層分からなくなった。800kmぐらいあんのかなって思ってたけど、実のところ、あと5mぐらいなのかもしれないな。そこに見えてるのが本当の彼女たちとは限らないのだろうけど。テスト期間中の他人との絡みといえばもっぱら、the童貞の機械工(俺の学科)の友達か、ジョナサンの妖怪たちであり、唯一その時だけ、ときめきを楽しむことができた。実を言うと、そのうちの一人に対して密かに惹かれてる。でも、寝て起きたら、だいたい気持ちは冷めてるから、これは恋じゃなくてただの性欲なんだろうな。彼女は床に卵を落とした。僕はラッキーと思った。

 

バイト先では、先輩との関係が劣悪になり(俺の無愛想と無責任さと、自己中が全ての因)、一時期は挨拶まで無視されていたが、反省したふりをし、なんとか回復の一途をたどっている。業務内容もだいたい身について、暇な時は一人でキッチンを任せられるようにもなった。後輩もたくさん入って来て、指導をする側になった。いつもポテトをつまみ食いしたり、マニュアル無視の本当にテキトーなことばかりしているので、教える時は疲れる。女子高生にタメ口をきかれ、密かな興奮を覚えた(嘘嘘嘘、普通に腹立つから、しかもクラスで下から4番目ぐらいのブスだし、あいつ絶対BL好きだろ、スカートめっちゃ長くて、一週間に3回はマスクして学校行ってるだろ、しねバス)。おっ、調子を取り戻して来たんじゃないか。やっぱ人の悪口って最高だな。

 

せっかくだから、the童貞の友達についても少し書こうかな。学科で、喋ったり、一緒に課題をやる友達は二人しかいない。そのうちの一人とは、何の縁なのかは知らないが入学当初からつるんでいて、人脈がない俺に過去問をくれたり、課題を教えてくれたり、なんだかんだお世話になっているので、日頃の感謝の気持ちを込めて、彼をここに描写しよう。

 

彼の名前は、並岡くん。眼鏡で短髪(だいたいいつも寝癖がついてる)。中肉中背。ラインの名前をタピオカにしていたり、夏以外は基本ずっとダボダボのジーンズに上はヨレヨレのイカくさそうな真っ黒のパーカーを着ていたり、初対面の人や、目上の人と喋ると麻薬患者みたいにキョドッたり、のくせ、気が知れた奴に対しては、横柄な態度をとったりと、絵に描いたような童貞(お前が言うな)。よく質問に質問で返してきたり、夜中の三時とかに平気で数学の問題を送ってきたりする。バイトもしてないくせに、3階に住んでいて、こないだベランダに本格的な蜂の巣ができているのを発見したらしい(これ聞いてめっちゃ笑った。何ですぐ気づかねぇんだよ笑)。彼の口癖、

「あぁ、何もいいことねぇ」、「比田井しね!」

(比田井というのは俺の学科のバカみたいな量の課題を出す教授のこと)

 

会った当初は、上に書いたような、彼の自己中加減にいちいち腹が立ってしまい、彼を友達だとは数ミリも思っていなかった。と言うか、めっちゃ嫌いで、一時期は距離を置いていた。でも、一緒に教授の悪口を言い合いながら日曜日に数学の課題をやったり、定食屋で一緒に飯を食っているうちに、だんだん慣れてきて、最近やっと、彼の意図しない面白さと、意外に友達思いなところに気づき始めて、まぁ友達なのか、とすんなり思えるようになった。並岡くんへ、単位落としまくってるけど、大丈夫ですか。留年だけはしないようにね。

 

 


イントロやべぇ〜、人間のクズで良かったと思える曲だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁかったるいよ、七月

昨日まで三日間、テルマエくんが泊まりに来てた。ニケツして千葉駅にいってぶらぶらしたり、千葉公園でソフトクリームを食べたりブランコを漕いだり(この時、ケータイを落として、少し焦った。綺麗な人妻が拾ってくれていて、助かった)、遊戯王をしたり(俺の圧勝だった。米里一位は伊達じゃないな)、拾ったテニスボールでキャッチボールをしたり、銭湯に行ってパンツを持っていくのを忘れてノーパンで帰って来たり、酒を飲んだり酒を飲んだり、通学路の草むらにゲロを吐いたり。雨で死んでる人がいるっていうのに、全く能天気なもんだぜ。まぁ対岸の火事だからな。

 

テルマエくんに、「この部屋、壁だけは綺麗だね」と言われた。まぁ確かにそうだ。ぐうの音も出ない。一生エアコンをつけないとバカみたいに気張っていた俺だったが、テルマエくんに説得され、つけてみると、あまりの快適さに驚愕した。けち臭いのも考えものだな。ただ、エアコンにずっと当たっていると腹が痛くなる(ちゃうわ、中学生みたいにバカみたいに毎日牛乳飲みまくってるからだろ、もうお前の成長はオナニーのし過ぎで完全に止まったんだよクソチビ。潔く諦めろ)。

 

炎天下、不思議そうな顔でモノレールを眺めるテルマエくんを、不思議そうに眺めていた。暑かったなー。もう七月か〜あぁカッタるいな〜気持ち悪いな〜夏になるといろんなこと思い出しちゃうな〜。去年の夏に帰省した時、自動車教習所の外で、あの子に送った不自然すぎるラインは忘れたくてもやっぱり忘れられないな。「遊ぼ!」じゃねぇんだよ童貞、夏休みに近所の友達を誘うのとはワケが違うんだからな。「ここ行こ!」なんだよ。でも頑張ったね。周りの奴らはバカにして茶化すだけだから、俺が褒めてあげるよ。頑張ったね。大丈夫、いつかきっとバカにされたことも、あの子のえくぼの形も忘れちまうから。ポケットに入った小銭の数なんてさっさと忘れちまおうぜ。くよくよすんなよ、男だろ。でもね、

 

「本当に好きだった。今でもちょっと好きなんだ。こないだ、君が映ってる動画をツイッターで見つけちゃって、一人部屋で2、3回再生しちゃったよ。気持ち悪くてごめんね。自分でも嫌になるよ。高校生の時より大人っぽくなって、よりいっそう綺麗になったね。僕は相変わらずなんも変わってないよ。最近、鼻の上にでかいニキビができて、サークルの先輩に笑われたよ。共有した思い出なんて一つもないのに、ただたまたま席が隣でちょっと喋っただけなのに、元彼づらしてウザいよね、キモいよね。でも君がマスクを取って飴を口に放り込んだあの時から、セーブポイントが未だにないんだよね。だから、電源入れたらいつもあそこから始まっちゃうんだよ。他にも色々やってるはずなのにさ。このテレビゲーム、壊れちゃったんだね」

 

最近、一週間に一回ぐらいのペースで書いているこの日記?だが、前よりも書くことが苦でなくなった。いや、と言うか、書いていて大して楽しくもないし、苦しくもない。だから、なんだかテキトーに続けられてる(のかな?)。俺の書いたことで世界を変えようとしていたら、無駄に疲れちまうし、俺の痛みを分かってくれって訴え続けていたら、読んでる方が疲れちまうだろうし、惰性でポテチを食うみたいな感じで、ダラダラな気持ちをダラダラ書いてる。そこにはなんの意味もないんでしょうか。ええ、なんの意味もありゃあしやせんよ。

 

youtu.be

夏っぽくて爽やかなのに、嫌味がなくて、愛おしい、とても好き。

 

あぁかったるいよ、七月。