デカダンス

日記のような、短編のような、詩のような、俺

九時半ぐらいにのそのそとベットから起き上がり、顔を洗うためにトボトボと洗面所へ向かった。体も頭も心も重く、なおかつ寝ぼけまくっていた俺は、手を滑らせて、掴んでいた固形石鹸をトイレの中へ落としてしまった。手を使わずに取る方法はないものかと、しばらくの間、汚水の底に沈んだその石鹸を見つめていたが、手を突っ込む他に為す術無しと観念し、水の中へ手を入れた。憂鬱な朝だった

 

お父さんとお母さんがSexして、その結果、俺という阿呆餓鬼が生まれてきたということが未だに信じられないんだけど、お前もそういうこと考えたことあるのかな?あったら、ちょっと嬉しいね。あの喧嘩ばかりしている二人が昔は愛し合って、お互いの体を求めていたということを考えると、少し吐き気がするけど、なんだかとても可笑しいな。こういうタブーなことを書くと、これまでの人生で四面楚歌の状況に陥ったことがない人間からは痛烈な嫌悪を頂戴するのは知っているが、一方で一部の変態からは馬鹿ウケすることも知っているので、僕は書きますよ。そうそう、救いようのない殺人犯に甘美な魅力を感じてしまうような人間にはね。

 

自分の力に絶対的な自信を持っていた奴が、想像を絶する圧倒的なパワーを持った新キャラたちにボコボコにリンチにされて、自分の目の前でその悪者たちに、愛し合っていたヒロインがめちゃくちゃに犯されるんだけど、為す術なく奥歯をギュッと噛み締めるみたいな話とか大好きだね。というか、これはもろにベルセルクだね。まぁ「私ハッピーエンドよりもバッドエンドの話の方が好き!」とか言っちゃう女も少なからずいるだろうし。

 

薬でキメまくった状態でアコギを弾いて、イッタ目で闇雲に叫びまくる奴とかさ、自殺しちゃった人間とかさ、近所に住む障害者のおっさんとか、ブスなピンサロ嬢とか、中年ニートとか、そういうギリギリまで追い詰められた絶望の果てでもがく人間って、毎日自然に笑えてる普通の人間からしたら、傍迷惑な糞野郎とか、そんなの知らね俺には関係ないしー、としか思わないのかもしれないけど、なんでか俺は綺麗にうまく生きてる人間よりも、そういう一般的にはダメ人間と呼ばれるような人間に、えも言われぬ鬱くしさを感じてしまうね。うん、みんなとっても綺麗だ。

 

俺はオナニーをした後によくピアノの曲を聞くんだけど、なんで、暗い部屋の中で独り、惨めで生産性のない動物みたいな行為をした後に、オナニーの対極にあるようなピアノの音を欲するんだろうかね。不思議だし、滑稽だね。

Pianos after jack off

この世で最もセンチメンタルな楽器はギターかピアノだと思う。切なくて冷たい。聞いていると否が応でも感傷的になってしまう。誰も聞かないだろうけど、そんな曲をいくつか貼っておく。

youtu.be

はい、切ない

youtu.be

受験期によく聞いていた曲。勉強勉強勉強だった暗い日々も今じゃあ、なんだか愛おしい。

youtu.be

誰にも愛されたことないけれど〜

when somebody loved me,everything was beautiful.

youtu.be

夏っていいよね、何をするにしてもセンチメンタルな季節だ。何もしてなくても、感傷的になる、もう冬飽きたから、早く夏来てくれないかな。ミンミン、ミンミン

 

あーやばいやばい、何にも生み出さないくそブログなんか書いていないで、勉強しないと。陰関数定理がどうのこうの、、、、ルーズリーフに飛び散ったミートソースと干しっぱなしの皺くちゃジーンズ

ポッポッポポぽ汽車ポッポ

なんとも無聊な毎日だ。朝だなぁと思ったらあっという間に夕方で、夜だなぁと思ったらあっという間に日付が変わってる。そして、1日が終わっていく。

 

受験生が人生をかけた一発勝負で脳をフル稼働させて震えながらペンを握っている最中に、俺は布団の中で完全に思考停止状態になって、アホみたいな口調のバニーガールを見つめながら必死にち◯こを握っていた。そして一発勝負だけに一発抜いたって何を言わせんねん。

 

今日も昨日もいい天気だったな。だけど、俺はいつものように部屋に引きこもっていたな。

 

明るく前向きに生きるのというのはなかなか難しい。特に俺のような腐った精魂が染み付いてしまっているようなダメダメ男にとって、ポジティブなどという考えは滑稽にさえ見えてしまう。

 

ポジティブな奴は偉い、ネガティブな奴はなんか臭い。

 

でも、俺はネガティブの方が百倍心地がええ。みんなはどうなんやろか。ポジティブはなんだかとても疲れるし、いざっていう時に全く役にたたねぇ。見かけだおしの飾り物って感じ。

 

ずっとぬるま湯でいいんじゃね

 

今のままでもいいんじゃね

 

やっぱりネガティブな奴はなんか臭いな。臭すぎて草生えるは。

 

 

 

 

この曲がSyrup16gで一番好きかもしれないな

youtu.be

笑止千万

四の五の言わずに、まずはこれを聞いてくれ

 

 

youtu.be

この曲が本当に好きで、最近はこの曲ばかりリピートしている。出だしのメロ、やばいだろ、なんだこれって感じだよ、「どんな音楽聴くの?」って聞かれたら(というか聞かれたい、質問してくれ、待ってるよ)、「miss world」って答えちゃうぐらい好きかも。案外、どんな音楽聴くの?って聞かれたら、色々考えちゃってとっさに答えれないんだよね、考えすぎて、会話のキャッチボールを忘れて、ベラベラ喋っちゃってドン引きされたことは一回や二回の話ではない。

 

「どんな音楽聴くの?」と同じぐらいされて困る質問が、「女優の中で誰が好き?」だろうね。いや、お前なちょっと待て、女優で限定すな、av女優かと思うやん(思わんわ)。まぁ、そして大体のやつが「ガッキー!」とか、うん、確かに俺も中学生の頃は好きだったよ、でもね、星◯源と絡み始めてからものすごく嫌いになったよ(完全に嫉妬じゃねぇか、ウルェェェい黙れい、何が「ふーゆのキースは雪のような口どけー」だ、テメェほんとナメてんのか、可愛い顔して裏ではなめ茸なめまくってんだろ、豊平川に埋めんぞこの淫乱マ◯コめが、星◯源のチキンザーメンでもすすってやがれ)。あとは、誰だろう、時代に置いてかれた人間だからわからない。

 

というかね、俺は思うんですよ。絶対に手が届かない星よりも、ちょっと頑張れば手が届きそうな木の実の方がよっぽど魅力的じゃないかって。ハッハハハハ何言ってだこいつは、じゃあ見てるだけで満足してないで、はやく手を伸ばせよってな、他にもたくっさんその木の実を見てる奴はいるんだからな。

 

昨日も今日も誰とも喋らず関わらずほとんど家にこもっていたわけだが、明日人とちゃんと会話できる自信がない。でも、きっとどうにかるさ、楽観と軽視は違うんだよ。

 

クソみたいな人間だからクソみたいな生活をしてしまうのか、それともクソみたいな生活をしているからクソみたいな人間になってしまうのか、まぁどちらにせよ俺はクソみたいな人間ってことか。でもなぁ、これだけは言わせてくれ(いや、お前散々もう言っとるやん)。男のくせにインスタにアホみたいな写真のっけて、我が人生ズバらしき哉みたいな顔して、毎日のほほんと生きてるアホ男よりは俺はクソじゃねぇ、ぶっ壊れてるけど俺はいたって正常な人間だ!!どこもイカれちゃいやしねぇ!!

 

クソ!悔しくて仕方ねぇよ、一体なんだいこの薄味の日々は、もう笑おう!笑うしかない、みんなで笑おうぜ、俺と一緒に遊ぼうぜ(間違えた)、俺と一緒に笑おうぜ

はっはははっハハッはハッハハハあっははははーーーーーーーーーーははっはっはっっははハッッッッハあはははっっははあハッハハハハッハハハハッハハハハハハッっはハハッはあっはははハッハハッッハはははっはハッハハハはっはっはh

 

笑止千万

 

 

ため息ついたらAm

最近はアニチューブでコナンを見てばかり、灰原哀かわいいなぁとか思ったり、俺ってやっぱり推理ものが好きなのかなぁ、そういえば初めて読んだ小説はシャーロックホームズだったなぁとか思ったり。

 

正月はほとんど家に引きこもっていたし、たぶんそれが因で、誰とラインをするのも面倒なくらいダウナーで、空虚な毎日というありきたりな言葉がしっくりくるような日々で、本当にこれといって書くネタがないのだが、まぁ何かがあった日ばかりにブログを書いていたら、俺の嫌いな奴らと同じになってしまうような気がするので、何もなかった日にも思いを言葉にしておきましょう。

 

正月は、何もしないでダラダラ過ごすことが奨励されるわけであって、俺のようなだらしない人間にとっては誠に至福のひと時ではあったが、一方で、何かこう、満ち足りぬもの、例えるなら、格下だと思っていた相手チームに僅差で勝った時のような、はて?本当に喜んでいいんだろうか?みたいな濁った感情が常に俺の頭を支配していて、苦しい訳ではないのに、満足できないでいた。だからと言って何か行動するわけでもなく、為す術なくただただ毎日を傍観していた。

 

今年は気楽に生きるなどという目標を立てておきながら、新年早々に木っ端微塵にぶち破り、挙げ句の果てにはその対極のような生き方をしている自分は一体全体、この先しっかりと地に足をつけて生きていけるのだろうか。昔と違って、死にたいとかは思はなくなったが、というか、死にたいって思うのはいいと思うけど、口に出して言うのはくそダセェなぁって思うようになって、辛いなぁ、つまんねぇなぁ、じゃあ自殺すっかみたいな安易な思考回路には一種の嫌悪感すら抱くようになった。

 

今だから言えるけど、死にたいって言っていた頃の俺は、死ぬことで何かこう報われるような気がして、死んだらみんな泣いてくれて、〇〇くんって本当は辛かったんだねって言ってくれるような気がして、その言葉が欲しくてたまらなくて、自殺を美化していて、自殺を究極の自己陶酔みたいに捉えているところがあったと思う。ダセェよなぁ、死んだって一ヶ月もすれば誰も泣いてなんかくれなくなるのにさ、ほんなら、何もなくても生きて、たまに誰かと笑いあったほうが得だよな、とか思ったり思わなかったり。

 

将来にこれといって希望もないし、絶対に成し遂げたいっていう夢もないし、日々なんとなく生きてるけど、これでいいのかな、ま、いいよな俺の人生だもんな。何したっていいよな、でもね、正月の夜中に一人で酒飲んで、酔っ払ったままオナニーして、手を洗いにトイレへ行く途中で勢いよく転んだ時は、さすがに「こりゃあいかんな」と思いましたよ。何やってんだよって思いながら、次の日にまたオナニーしましたよ。

 

諦めたほうが楽になることもあるよね、いつも諦めてばかりで嫌になるけど。

今年こそはきら、、、、、、

「もういいんだよ、そんな頑張らなくたって」

 

 

童貞のまま死ねるかっ!!

オロオロオロオロオロオロオロローーーーー

いやぁーー吐きまくったぜぇ。

 

昨日は俺の家で康成と笹尾と忘年会をした。しゃぶしゃぶを食べながら酒を飲んだ。俺は早い段階でウォッカをジュースで割ったやつ(名前がわからない)に負けて、食べた豆腐とポン酢を全部口からオロオロと出した。ゲロの匂いは本当に苦手で、吐くのも、吐いてる人を見るのも大っ嫌いだが、吐いてる間はなぜかそこまで気持ち悪いとは思わなかった。むしろスッキリした感じだった。出るものを自然に出しているようななんの無理もない感じ、オロオロおおー。笹尾と康成には悪いことをしてしまった。

 

まぁ、俺の家だからいいか。

 

ゲロをしている時に笹尾が音楽をかけてくれて、その時に耳に入ってきた音楽がいつもの何倍も良く聞こえた。人の声はどこか遠くで鳴っているような感じなのに、スピーカーから流れてくる音楽だけはなぜか俺の耳に一直線、どストレートで本当に変な感じだった。酔うと聞き分けができなくなると康成は言っていたが、まぁそう言うことなのだろうねぇ。ゲロの匂いはつばとポン酢を2:3で混ぜたような匂いだった。

 

笹尾君は笑ってしまうほどに無愛想な誰かと似ても似つかず、とてもとても愛想が良くて、たまにおバカな女の子や女の先輩に「可愛い〜」とか言われるような一見何の変哲も無い、(喋っている言葉が異常に聞き取りづらいという点を除いては)、無味無臭の平均男ではあるが、実のところ部屋がクっソ汚くて、おまけにバイトと洗濯をサボり、人の家にノーパンでくるようなダメダメ男なのである。そして、ビンビンの19歳のくせに、(笹尾の学科には俺の学科の十五倍の数の女の子がいるのに)、女に対してあまり興味が無いというか、男友達と喋っている方が楽しいし楽だと主張する人間なのである。昨日、女の話になった際に「女の子とあんまり喋りたくないもん」と言っていた笹尾を蹴り飛ばしてやろうかと思った。ちなみに俺の学科の女の子の数は八十人中二人で康成の学科はたった一人のお姫様で、すでにジャックとキングがいるらしい。

 

酔った康成はその女の子のことを「あいつは女じゃねぇ」と言い切っていたが、確かに工学部の女なんてそんなもんなんだよなぁ、でも多分だけど、みんなすげぇ優しい女の子で、何かしらのアニメが好きで、恋よりもマクローリン展開、イケメンよりも慣性モーメント、に興味があるんですよ〜sexなんて汚らしい私は数式の美しさを身にまとっているのよ〜みたいなすました顔をしながら、本当は人一倍恋に飢えているんだろうし、アイウエオナニーだって密かにしているのだろう。まるで俺のようじゃないか。

テッテレてテーーー同族嫌悪〜〜〜。

 

康成は酔うと女の話をしたがるようになることが昨日分かったので、彼とはやはり仲良くなれそうである。いや、もう、酔っ払って肩を組みながら夜の街を歩くぐらいの仲ではある。が、最近判明したが俺の友達ハードルはとても高いので、彼を友達とするのはもう少し先のことであろう。友達の定義は十人十色でええやないか。

 

中学と小学の時に入っていたサッカークラブでは友達と呼べるような人間が俺には一人もできず、今でも俺の底に潜む陰鬱な性格を最初に形作ったのはもしかするとこの頃だったのかもしれない。特に中学時代は自意識過剰で僕の窓には去年のカレンダー日付がないよ〜、っていや、しっかりあったから。朝飯食う時にそのカレンダーに書かれた偉人の名言を見て今日も頑張るかーって思ってたから(サラリーマンか!)。自分では一生懸命やっているつもりだったのだが「やる気がないなら試合にでるなや」とキャプテンの男に言われたり、みんなが試合に出てる間に俺だけ一人グラウンドの周りを永遠に走らされたり、友達だと思っていたやつに「お前の顔うんこみたいだなwwwうんこww」と言われて繊細すぎた俺はひどく傷ついた覚えがある。その時のコーチが未だに嫌いすぎてたまに夢に出て来て、嫌な目覚めをする(初夢であのコーチは頼むからやめてほしい)。ラインのグループを退会し、電話番号を変え、ラインの友達に登録していたやつは無慈悲に全員ブロックし、消去した。

リライトしてぇーーーーーーーーー

 

最後の大会はベンチ外になって、応援の声を一言も発さずに、不満気な顔でスタンドの外に突っ立って生き生きとした表情で走るチームメイトをぼんやり眺めていた。中学最後の試合は雨でびしょびしょに濡れた木製の客席で終わりのホイッスルを聞いた。もうサッカーをやめようと思った。科学部にでも入ってオタクになろうと思った。けれどもサッカーは嫌いになれなかった。

 

高校の時のサッカー部のやつらは俺が中学の時にこんな暗いサッカーボーイだったとは思いもしないだろうなぁ。高校の時はゴール決めた後にニヤニヤしながらおっぱいを揉むパホーマンスをしてたけど、中学の時なんてそんなこと一切やってないからね。一回戦で負けちゃったけど、高校のサッカー部は本当に楽しかった。嫌な思い出もいくつかあるけど、いい思い出が綺麗にそれを埋め尽くしてくれる。クラスでは息苦しくて死にたくなってたけど、グラウンドに行ったらいつもみんながいて、上手い下手関係なくみんなで楽しくサッカーして、たまに帰りにラーメン食ったりして、あぁ懐かしい。

 

そんな高校の頃のサッカー部の友達とも今では一部の人間としか連絡を取り合わなくなった(9割5分俺が悪い)。さきに言ったように俺は友達ハードルが高いので、あいつら(連絡を取り合ってないサッカー部の奴ら)はもう友達じゃねぇよなぁとか思ってしまうのだ。でも会えば笑いまくって喋りまくって、やっぱりこいつは友達だわと思うのである。本当に俺は最低なチンゲ野郎なのである。

 

大晦日に一人でスーパーに行ってカップルを拝んで、惣菜の唐揚げを買って静まり返ったキラキラの街の中を一人で歩いているとちょっとだけ寂しくなって、帰省すれば良かったかも、と少し後悔したが、もう遅い、本当に君はいつも判断が遅い、だから小学生の頃に女の子に前は〇〇くんのこと好きだったけど、今は千春君(近所の友達)が好きって雪山で言われたりするんだよ。あっ、雪が冷たい。

 

2017年はまぁ色々あった。もうめんど臭いから書かない、どうしても気になる人は過去のブログを読むか、コメントにメアドでも書いといて。女の子だったら紳士的な文章をたくさん送るから、男だったらカピカピの俺のチンげでも送っとくねー。

 

2018年の目標は、おおおおおおおおおーってここまでちゃんと読んでるやついないだろうなぁ、どうせテキトーに雑読みしてめっちゃスクロールしながら「なげぇよ、誰が読むんだよこんな長い記事、死ねよ童貞」とか思ってるんだろうなぁ。まぁ2018年の目標は彼女を作る、ついでに童貞を卒業する、小説を完成させる、人間関係をこれ以上悪化させない、少ない情報だけで人を否定しない嫌いにならない、派遣バイトとおさらばして若い女の子がいるバイトをやる、気楽に生きる、自殺しない。

 

最後以外何一つ達成できる気がしないから、きっと達成できなくて来年の今頃に悲しくなるのが目に見えてるから、目標は気楽に生きるぐらいで留めておこう。ほんと、それ以外は砂上の楼閣。

 

たぶんなんだかんだで来年も今年と大した変わらないでしょ。そういうもんよ。

でも、やっぱり

 

 

 

 

童貞のまま死ねるかっ!!

クソでも生きれ!!!!!

このブログはすべてのインスタグラマーへのアンチテーゼ、とは言い過ぎダーゼ

キャリアケースを持って隣の部屋から出てきた妥協カップル、穏やかな日差しと朝の爽やかな空気、ゴリラの滑らかなギアチェンジ、車に乗りながら聞くteto、道端にあった苔を素手で引っこ抜いて満面の笑みを浮かべながら「お母さんへのお土産」とつぶやいたウンババ(ずんだ)、通りすがった本当の愛とスニーカーを汚した柔らかい泥、高まった食欲を一瞬で幻滅させた道の駅の食堂、滝の前で自撮りをする紺色が大好きな男子大学生三人組、麺をすすれないずんだと、本当はすすりたいのにすすると辛くてむせ返すために坦々麺をすすりたくてもすすれない腹ペコのゴリラ君、「お父さん地図ちょうだい、ちず、ちーず、チーズ」と駄々をこねていた坊主頭の可愛い少年、長い長い階段と眩しい太陽、自転車に激突して自ら服を破いた健啖家で豪放磊落なずんだ餅とスタイルも顔もいいのになぜかモテないゴリラ君、量が少ないレモンサワーとカムカムジュース、沈みかけの夕日に照らされた海はまるで絵の具を垂らしたかのように海面に淡く色鮮やかなグラデーションを作り静かに揺れていた。絶景に群がるおびただしいカップルの群れに嫌気がさして、なんとなく空を見上げると一縷の飛行機雲と青白い月がプカプカと気持ちよさそうに浮かんでいた。

「彼女が全てじゃねぇよこの浅はか助平め」と諭されたような気がした。

 

思い出という名の一瞬を綺麗な写真で残してしまうことが大正義だと主張する全てのインスタグラマーへのアンチテーゼ、写真じゃ拾えない一コマにも六百円ぐらいの価値はきっとあるから、文章にしかない良さがきっとあるから、もうちょっとブログ人口が増えてくれたら俺は嬉しいなぁ(それも嫌かぁ)

ギー太へ、2017→2018

書くことが思いつかないので書きながら考える。

 

年の暮れ、心なしか街を歩く人がかなり少なくなった気がする。地元へ帰っているのだろうか、俺は怖いもの見たさで独りで年を明かすことにした。人と喋っているよりも、一人で音楽を聴いている方が楽、楽パニック。親不孝で本当にすいません、ロイズのチョコレートは笹尾君という食いしん坊の男ににほとんど食べられました、春休みは帰ると思います(このブログ見てたら怖いけど)。

 

自転車の被害届を出した時、苗字のせいで中国人だと思われた。俺の本当の名字はなぁ〜本郷じゃい、覚えとけぇ、腰に携えた拳銃はフェイクか、撃てよ脳漿に。バーン!

 

確か昨日だったかな、いつものように音楽を聴いてて、不意にバンドってやっぱりめっちゃかっこいいなぁと改めて実感した。機会があれば、またバンドをやりたい。

ジャーーーーーーーーン!ぎゅわーーーーん!

メンバー絶賛募集中!!! (時給 一杯のお茶とオススメのav女優)

俺は本当に友達が少ないということに気がついた(遅い、遅い、止まって見えるぜぇ)

でも、思い入れの深さは誰にも負けない自信がある、オラァ!!無理矢理のポジティブだオラァ!これでいいのかオラァ!!、どうやったらいいのかワカンねぇぞオラァ!!

うわああああああああああああああああアーーーーーーああああああああああ^99

 

2017年も俺みたいな救えないうんこアホと仲良くしてくれてほんとありがとう!!!来年も頼みます!!、放っておいたらタマゴッチみたいに呆気なく死んじゃうよ俺。

 

「ドゥユ ハヴェタイム トゥ リスティン トゥ ミィ ホワイル」

俺は今でもあの時の衝撃を覚えてる。

 

青い青いブルーの空が広がっていたちょっと暑い八月末、小さなアンプにおnewのエレキギターをつないで、窓を開けたまま俺の部屋でカニちゃんと初めて二人で合わせたバスケットケース、一瞬だけファックな毎日などすっかり忘れて、バンドってこんなに楽しいのかと、音楽ってすげぇなぁと心底感動した。俺はあの時が一番心から音楽を楽しめていたと思う。全てが輝いてたなぁ、というのは言い過ぎだけどほんとズゴがっだ!

 

バンドってカッケェ、バンドを本気でやってるやつはなんだかんだで全員かっこいいよ。俺は本当にそう思うよ。少なくとも大学生よりは間違いなくかっこいいよ。

中学生<大学生<<<<<高校生<<<<<小学生<バンドマン。

 

変なあだ名で、サッカー下手くそだって(ベンチの外で一番声を出してくれてたの知ってるぞ、合宿で履いてたジーンズが懐かしいね!なんでか思い出すと泣きそうになるよ)、学校を辞めたって、親と喧嘩したって、英語ができなくたって、バイトをクビになったって、物凄いナルシストなうえに物凄いエゴいイストだって、売れなくたって、いつか売れると信じて、いつか売れてやると思いながら虎視眈々と濃い担々麺を啜って(銀波露のラーメンなまらうまかったな、また食いに行こうな)、いつまでも声枯してバカみたいに自分を歌ってるんだもん、もうそれだけで応援したくなるでしょうが。売れろよぉ、売れたら、俺あいつと一緒に便所で飯食ったことあるんだぜぇってドヤ顔で自慢してやるからな。

youtu.be

 

懐かしい思い出に浸っていると、熱い涙が出そうになる今日この頃。

 

みなさん、良いお年を。