デカダンス

日記のような、短編のような、詩のような、俺

俺のドロドロの精子を亜美ちゃんの子宮にぶちまけた後で、お前を殺してやるからな

ものの五分前に、ソイヤソイヤと自分を汚す作業をやり終えて、下腹部に広がるかったるい余韻と、僅かばかりの後悔を感じながら、カタカタとブログを書きなぐっている。こたつに入っていない上半身が冷え込み、キーボードを打つ手が、しばれてうまく動いてくれない。

 

ピザのバイトは採用されなかったので、今日も新たにバイトの面接に行ってきた(家の近くにあるファミレス)。奥の角席に通され、少しばかり緊張しながら待っていると、ファミレスじゃなくてデリヘルでも経営しているんじゃないかと思うほどに、ヤクザの下っ端みたいなイカツイ店長が出てきて、あれ?、店間違えたかこれ、と幾らか狼狽した。が、話してみると、見た目とは裏腹に、実にもの柔らかなオッさんであった。いや、これは最初の印象を良くしておいて、相手を油断させた後で、徐々に本性を表してくるタイプの厄介な野郎なんだろうな。ま、いざとなりゃあ、鮮やかにドロンしてやっからな、気弱そうだからって、あんまり嘗めてっと、痛い目みんのはそっちの方だぜ。

 

ということで、めでたく即採用された。ははははっはっは、チョロいもんよ。

 

昨日は、地元から関東に遊びに来ていたウニという高校の部活の友達に誘われ、例のごとくゴリラとずんだ餅も加えた四人で、横浜へドライブに行ってきた。昼に寄った湘南のとんかつ屋で、皆が千五百円のロースカツを頼む中、一月は一度も派遣バイトをしなかったということもあり、そこそこに貧乏な俺だけは千円のチキンカツ(それが一番安かった)を頼み、なんなら、その前日の夜に唐揚げを食べたというのに、ここでもまたお得意のけちクサさを遺憾なく発揮し、コールセンターでがっぽりと稼いでいるというウニの「奢るよ」という気前の良い言葉に、「マジで!でもなぁ〜」と社交辞令のための僅かな躊躇いを見せた後で、つかさず「ゴチです」と言って、プライドのかけらもなく同い年の男に深々と頭を下げた。

 

その後に江ノ島へ行って、一通り島を回った帰り道の途中で、ソフトクリームを食べようと、アベックだらけの洒落乙なカフェに入り、財布を取り出そうと、カバンの小ポケットを開けたところ、財布が見当たらなく、ウニがつい最近地元で財布をなくした、と言う話を聞いたばかりということもあって、冷汗三斗、焦ってカバンの中を手でかき乱したところ、何か球体のようなものがカバンの中から落ちて、床をコロコロと転がった。はて、なんだそれはと目を向けると、落ちた物体は、先刻、ウニにもらったテンガエッグ(オナホ)であり、ヤバイ!と思った時には、もうテンガエッグは、大学生とおぼしきカップルの前へ転がっていて、黒のマフラーをしたスタイルの良い女の方がそれを掴み、こちらをチラと見ていたところであった。むしり取るようにして、その女からすぐにテンガエッグを取り返し、すんませんと頭を下げた。後ろでは、その一部始終を見ていたゴリラ君が、ウホウホではなく、ケラケラと笑い声をあげていた。財布は車の中にあった。

 

夜飯は焼き鳥を食べながらの酒だった(ドライバーであるゴリラは飲んでいないが)。俺たちはまだ若いので、話のテーマは主に恋愛や下ネタであり、気遣いについて真面目に語り合いながら、隣で飲んでいた、あまり仲が良くなさそうなサラリーマンの二人組を、バカかこいつら、と思ったりもしたが、いつか俺にもこんな日が来るのかもしれないと、ネギまを頬張りながら、サワー片手に見えぬ未来を夢想してみたりもした。

 

あの女は入学してすぐにヤリマンになったとか、〇〇くんと△△ちゃんは高校生の時、一週間に一回ヤっていたとか、友達の彼氏が浮気をしているだとかという、なんともハレンチな話を聞いていたら、家で粛々と自慰に耽っている俺なんか誠に可愛いものではないかと思った。ずんだ餅は「誘えばヤれちゃう貞操観念」などとアバズレじみたことを言っておきながら、一方で、「観覧車の一番上でカップルは例外なくチューをしている」、と純情可憐な、まるで「私、パパと結婚するもん」と口を尖らせている小さな女の子が言うようなセリフを垂れていた。のくせに、ガバガバと俺よりも酒を飲んでいた。オアシスのWonder wallが流れ、あ!と顔を見合わせた。

 

陽キャは陽キャと、陰キャは陰キャと共鳴するのが、定説であり、御多分に洩れず、俺も、彼女のいない、舌バカのノーパン笹尾とばかり遊んでいるからか、高校生が想像しているような甘酸っぱい大学生活など、幻想と錯覚にすぎない、と思っていたが、実は俺が無知なだけで、現実の世界は、モンハンの新大陸よりもはるかに広く、複雑だったようだ。

 

次こそはあの子を狩りにいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エプロンとオムライス

「テーブルの下に落ちたジェリービーンズを見てごらん、今の君はあんなもんさ」

 

 

惰性でテレビゲームをし、コンピューターに負けて腹が立ち、オナニーしよっかなぁと股間に手を伸ばしかけたとき、淡くオレンジに染まった光線が窓からそっと差し込んで来て、ハッと我に返った。一日がまた同じように終わっていくことに本能的な危機感を抱いた昨日の夕方、何かをやらねばならん、そう思った俺は久方ぶりにレトルトカレーでも、鍋ラーメンでも、納豆ご飯でもないちゃんとした料理を作ってみることにした。

 

冷蔵庫を覗くと、玉ねぎとウインナーがあった。ケチャップもあったので、これはオムライスだなと一回も作ったことがないくせにメニューは速攻で決まった。卵がなかったのでスゥーパーヘ買いに行った。

 

帰り道の途中で、何となく駅ナカの本屋に寄ってみた。すると、ハンターハンターの最新刊が売っていたので、これは買うっきゃねぇと、即決断。漫画を持ってレジに向かった。カウンターに本を置いたら、「あ、こんにちは」と声をかけられた。驚いて、顔をを上げると、前にいた店員はサークルの女の先輩だった。エプロンのようなものを皺ひとつない白いワイシャツの上に着ていて、艶のある髪の毛は綺麗に分けられていた。いつもと雰囲気が違くて、あれ?この人ってこんな可愛かったけかと、少しテンパッた。それに比べて俺は、、、寝癖もそのまま、ヒゲも剃っておらず、おまけに青色のクソダサい寝巻き用のジャージを着ていたので、なおさらテンパった。なんてきったないんだ、このクソアホがと自分を攻めつつ、まぁ思ったところでどうにかなるわけではないので、どうでもいいやと思い、「勘弁してくれ」とだけ呟いた。「もしかしてテスト?」と聞かれ、「あ、はい」とだけ答えると、「お疲れ様です」と言いながらニッコリ笑顔で漫画を渡してくれた(錯覚)。これでベースが弾けるってんだから、もうずるいよ。僕のベースも、、、、、、、夜のセッション。。。。

 

オムライスは大成功、ハンターハンターはクッソ面白かった。鱈腹飯食ってエレベーターガールで一発抜いて寝た。

 

暇だったのでブログを書いた。カニ太郎もベースが弾けるのよ。

あぁ蟹くいてぇなぁ。

具なしラーメン

ついさっき、家の近くにあるピザ屋のバイトの面接を受けてきた。希望シフトだけを念入りに聞かれ、わずか十分ほどで呆気なく終わった。志望動機をなんとなく考えていた俺は若干の肩透かしを食らったが、それ以上に、暖かい照明とシックな店内のデザイン、スピカーから流れてくるポップなメロディとほのかに漂うピザの香ばしい匂いに、井の中のおたまじゃくしである俺は圧倒された。こんな整った場所で働けるのは整った人間だけだ、お前みたいなきったない男にはピザよりも派遣バイトの段ボールの方がお似合いだ、と言われているようだった。緊張したせいか、今、脇の下がウエットテイッシュ並みに湿っている(そして臭い)。採用の場合は月曜日に電話があるらしい。色々な意味でとても不安だ。

 

最近はテスト勉強をするためにブログを書いていなかった。だが、情けないことに今日返って来た微積分学のテストは45点だった(百点満点だよ)。まぁ、ブログ名をデカダンスとしているぐらいなんだから、こんな落ちぶれで肩を落とすのではなく、むしろ箔がついたと喜ぶべきなのである。やったぁあああ。

 

そういえば雪が降ったね。やっぱり雪が降らないと、冬って感じがしないのが道産子の性といったところか。この程度の雪で自転車に乗らなくなるやつが結構いて、雑魚か、と思ったりもしたが、中学の頃よく遊んでいた盛田兄弟なんて真冬の氷道をママチャリで二人乗りして俺の家に来ていたなぁ、一緒にかまくらの中でココア飲んだよなぁ、とこんな風に雪で色々と思い出すこともあり、強い郷愁に駆られると同時に、地元を離れて一人で生活しているという見落としていた現実を改めて意識したりもした。

 

雪が降るぐらいなんだから、当たり前のことではあるが、最近は寒い日が続いている。自転車に乗ると、手がかじかみ、顔がしもやけをする。こたつに入るとなかなか出られなくなるし、毎日、朝起きるのが辛い。4ヶ月以上湯船に浸かっていないからか、体の芯が冷えている(親父がよく言っていた)のだろう。湯船がとても恋しい、近くにすばらしい銭湯があるのだが、お風呂に四百円出すぐらいなら、松屋の三百九十円の牛めしの大盛りを食った方がよくね、と思ってしまうどこまでもケッチくさーい男なのである。それと、俺は今とてもアイスクリームが食べたい、寒くなるとなぜか無性に食べたくなるのだ、できればこたつに入りながら、味はバニラか抹茶がいいかな。

 

一昨日、訳あって久しぶりにサークルの人たちと会った。その際、ある女の先輩が短く髪を切っていて、それを見た同期の女が、会うなりに、タモリのごとく「髪切りました?」と聞いて、その先輩が、「やっと気づいてくれた、機械工の二人は何も言ってくれなかった」と嫌味ったらしくこちらをみながら言ってきたが、負けじと「すいません学科に女の子いないんで」と言い返してやったら、呆れたような表情で「でも、サークルに入ってるんだから〜頑張らないと〜」と言われた。はいはいそうですね、微分方程式じゃあ女の子の気持ちは分かりませんよね〜そりゃあ当然ですよねぇ〜草。余計なお世話だ、このビラビラ女めが、正露丸でもかじってろ。

 

最近の俺のお気に入りの曲とかをオナニー的にあげておく

youtu.be

今の気持ちにはまったわ〜ぴったりだわ〜やっぱりパンクが一番分かりやすくてカッケェな、反発的で暴力的、何もかも全部ぶち壊してくれる。

誰かさんには負けるが、最近はニッチなバンドの曲を聴いて、過小評価されている曲を探す楽しみに耽っている。誰かさんには負けるが。

youtu.be

いつも曲ばかりあげていてもつまらないので、たまにはこういうのも、いいかなぁと、完全に俺の好みだが。「一人でできるもん」

youtu.be

youtu.be

 

ブログは間接的なコミュニケーションでもあると思っている。まぁそういうことやねん、ほな、ばいなら。

九時半ぐらいにのそのそとベットから起き上がり、顔を洗うためにトボトボと洗面所へ向かった。体も頭も心も重く、なおかつ寝ぼけまくっていた俺は、手を滑らせて、掴んでいた固形石鹸をトイレの中へ落としてしまった。手を使わずに取る方法はないものかと、しばらくの間、汚水の底に沈んだその石鹸を見つめていたが、手を突っ込む他に為す術無しと観念し、水の中へ手を入れた。憂鬱な朝だった

 

お父さんとお母さんがSexして、その結果、俺という阿呆餓鬼が生まれてきたということが未だに信じられないんだけど、お前もそういうこと考えたことあるのかな?あったら、ちょっと嬉しいね。あの喧嘩ばかりしている二人が昔は愛し合って、お互いの体を求めていたということを考えると、少し吐き気がするけど、なんだかとても可笑しいな。こういうタブーなことを書くと、これまでの人生で四面楚歌の状況に陥ったことがない人間からは痛烈な嫌悪を頂戴するのは知っているが、一方で一部の変態からは馬鹿ウケすることも知っているので、僕は書きますよ。そうそう、救いようのない殺人犯に甘美な魅力を感じてしまうような人間にはね。

 

自分の力に絶対的な自信を持っていた奴が、想像を絶する圧倒的なパワーを持った新キャラたちにボコボコにリンチにされて、自分の目の前でその悪者たちに、愛し合っていたヒロインがめちゃくちゃに犯されるんだけど、為す術なく奥歯をギュッと噛み締めるみたいな話とか大好きだね。というか、これはもろにベルセルクだね。まぁ「私ハッピーエンドよりもバッドエンドの話の方が好き!」とか言っちゃう女も少なからずいるだろうし。

 

薬でキメまくった状態でアコギを弾いて、イッタ目で闇雲に叫びまくる奴とかさ、自殺しちゃった人間とかさ、近所に住む障害者のおっさんとか、ブスなピンサロ嬢とか、中年ニートとか、そういうギリギリまで追い詰められた絶望の果てでもがく人間って、毎日自然に笑えてる普通の人間からしたら、傍迷惑な糞野郎とか、そんなの知らね俺には関係ないしー、としか思わないのかもしれないけど、なんでか俺は綺麗にうまく生きてる人間よりも、そういう一般的にはダメ人間と呼ばれるような人間に、えも言われぬ鬱くしさを感じてしまうね。うん、みんなとっても綺麗だ。

 

俺はオナニーをした後によくピアノの曲を聞くんだけど、なんで、暗い部屋の中で独り、惨めで生産性のない動物みたいな行為をした後に、オナニーの対極にあるようなピアノの音を欲するんだろうかね。不思議だし、滑稽だね。

Pianos after jack off

この世で最もセンチメンタルな楽器はギターかピアノだと思う。切なくて冷たい。聞いていると否が応でも感傷的になってしまう。誰も聞かないだろうけど、そんな曲をいくつか貼っておく。

youtu.be

はい、切ない

youtu.be

受験期によく聞いていた曲。勉強勉強勉強だった暗い日々も今じゃあ、なんだか愛おしい。

youtu.be

誰にも愛されたことないけれど〜

when somebody loved me,everything was beautiful.

youtu.be

夏っていいよね、何をするにしてもセンチメンタルな季節だ。何もしてなくても、感傷的になる、もう冬飽きたから、早く夏来てくれないかな。ミンミン、ミンミン

 

あーやばいやばい、何にも生み出さないくそブログなんか書いていないで、勉強しないと。陰関数定理がどうのこうの、、、、ルーズリーフに飛び散ったミートソースと干しっぱなしの皺くちゃジーンズ

ポッポッポポぽ汽車ポッポ

なんとも無聊な毎日だ。朝だなぁと思ったらあっという間に夕方で、夜だなぁと思ったらあっという間に日付が変わってる。そして、1日が終わっていく。

 

受験生が人生をかけた一発勝負で脳をフル稼働させて震えながらペンを握っている最中に、俺は布団の中で完全に思考停止状態になって、アホみたいな口調のバニーガールを見つめながら必死にち◯こを握っていた。そして一発勝負だけに一発抜いたって何を言わせんねん。

 

今日も昨日もいい天気だったな。だけど、俺はいつものように部屋に引きこもっていたな。

 

明るく前向きに生きるのというのはなかなか難しい。特に俺のような腐った精魂が染み付いてしまっているようなダメダメ男にとって、ポジティブなどという考えは滑稽にさえ見えてしまう。

 

ポジティブな奴は偉い、ネガティブな奴はなんか臭い。

 

でも、俺はネガティブの方が百倍心地がええ。みんなはどうなんやろか。ポジティブはなんだかとても疲れるし、いざっていう時に全く役にたたねぇ。見かけだおしの飾り物って感じ。

 

ずっとぬるま湯でいいんじゃね

 

今のままでもいいんじゃね

 

やっぱりネガティブな奴はなんか臭いな。臭すぎて草生えるは。

 

 

 

 

この曲がSyrup16gで一番好きかもしれないな

youtu.be

笑止千万

四の五の言わずに、まずはこれを聞いてくれ

 

 

youtu.be

この曲が本当に好きで、最近はこの曲ばかりリピートしている。出だしのメロ、やばいだろ、なんだこれって感じだよ、「どんな音楽聴くの?」って聞かれたら(というか聞かれたい、質問してくれ、待ってるよ)、「miss world」って答えちゃうぐらい好きかも。案外、どんな音楽聴くの?って聞かれたら、色々考えちゃってとっさに答えれないんだよね、考えすぎて、会話のキャッチボールを忘れて、ベラベラ喋っちゃってドン引きされたことは一回や二回の話ではない。

 

「どんな音楽聴くの?」と同じぐらいされて困る質問が、「女優の中で誰が好き?」だろうね。いや、お前なちょっと待て、女優で限定すな、av女優かと思うやん(思わんわ)。まぁ、そして大体のやつが「ガッキー!」とか、うん、確かに俺も中学生の頃は好きだったよ、でもね、星◯源と絡み始めてからものすごく嫌いになったよ(完全に嫉妬じゃねぇか、ウルェェェい黙れい、何が「ふーゆのキースは雪のような口どけー」だ、テメェほんとナメてんのか、可愛い顔して裏ではなめ茸なめまくってんだろ、豊平川に埋めんぞこの淫乱マ◯コめが、星◯源のチキンザーメンでもすすってやがれ)。あとは、誰だろう、時代に置いてかれた人間だからわからない。

 

というかね、俺は思うんですよ。絶対に手が届かない星よりも、ちょっと頑張れば手が届きそうな木の実の方がよっぽど魅力的じゃないかって。ハッハハハハ何言ってだこいつは、じゃあ見てるだけで満足してないで、はやく手を伸ばせよってな、他にもたくっさんその木の実を見てる奴はいるんだからな。

 

昨日も今日も誰とも喋らず関わらずほとんど家にこもっていたわけだが、明日人とちゃんと会話できる自信がない。でも、きっとどうにかるさ、楽観と軽視は違うんだよ。

 

クソみたいな人間だからクソみたいな生活をしてしまうのか、それともクソみたいな生活をしているからクソみたいな人間になってしまうのか、まぁどちらにせよ俺はクソみたいな人間ってことか。でもなぁ、これだけは言わせてくれ(いや、お前散々もう言っとるやん)。男のくせにインスタにアホみたいな写真のっけて、我が人生ズバらしき哉みたいな顔して、毎日のほほんと生きてるアホ男よりは俺はクソじゃねぇ、ぶっ壊れてるけど俺はいたって正常な人間だ!!どこもイカれちゃいやしねぇ!!

 

クソ!悔しくて仕方ねぇよ、一体なんだいこの薄味の日々は、もう笑おう!笑うしかない、みんなで笑おうぜ、俺と一緒に遊ぼうぜ(間違えた)、俺と一緒に笑おうぜ

はっはははっハハッはハッハハハあっははははーーーーーーーーーーははっはっはっっははハッッッッハあはははっっははあハッハハハハッハハハハッハハハハハハッっはハハッはあっはははハッハハッッハはははっはハッハハハはっはっはh

 

笑止千万

 

 

ため息ついたらAm

最近はアニチューブでコナンを見てばかり、灰原哀かわいいなぁとか思ったり、俺ってやっぱり推理ものが好きなのかなぁ、そういえば初めて読んだ小説はシャーロックホームズだったなぁとか思ったり。

 

正月はほとんど家に引きこもっていたし、たぶんそれが因で、誰とラインをするのも面倒なくらいダウナーで、空虚な毎日というありきたりな言葉がしっくりくるような日々で、本当にこれといって書くネタがないのだが、まぁ何かがあった日ばかりにブログを書いていたら、俺の嫌いな奴らと同じになってしまうような気がするので、何もなかった日にも思いを言葉にしておきましょう。

 

正月は、何もしないでダラダラ過ごすことが奨励されるわけであって、俺のようなだらしない人間にとっては誠に至福のひと時ではあったが、一方で、何かこう、満ち足りぬもの、例えるなら、格下だと思っていた相手チームに僅差で勝った時のような、はて?本当に喜んでいいんだろうか?みたいな濁った感情が常に俺の頭を支配していて、苦しい訳ではないのに、満足できないでいた。だからと言って何か行動するわけでもなく、為す術なくただただ毎日を傍観していた。

 

今年は気楽に生きるなどという目標を立てておきながら、新年早々に木っ端微塵にぶち破り、挙げ句の果てにはその対極のような生き方をしている自分は一体全体、この先しっかりと地に足をつけて生きていけるのだろうか。昔と違って、死にたいとかは思はなくなったが、というか、死にたいって思うのはいいと思うけど、口に出して言うのはくそダセェなぁって思うようになって、辛いなぁ、つまんねぇなぁ、じゃあ自殺すっかみたいな安易な思考回路には一種の嫌悪感すら抱くようになった。

 

今だから言えるけど、死にたいって言っていた頃の俺は、死ぬことで何かこう報われるような気がして、死んだらみんな泣いてくれて、〇〇くんって本当は辛かったんだねって言ってくれるような気がして、その言葉が欲しくてたまらなくて、自殺を美化していて、自殺を究極の自己陶酔みたいに捉えているところがあったと思う。ダセェよなぁ、死んだって一ヶ月もすれば誰も泣いてなんかくれなくなるのにさ、ほんなら、何もなくても生きて、たまに誰かと笑いあったほうが得だよな、とか思ったり思わなかったり。

 

将来にこれといって希望もないし、絶対に成し遂げたいっていう夢もないし、日々なんとなく生きてるけど、これでいいのかな、ま、いいよな俺の人生だもんな。何したっていいよな、でもね、正月の夜中に一人で酒飲んで、酔っ払ったままオナニーして、手を洗いにトイレへ行く途中で勢いよく転んだ時は、さすがに「こりゃあいかんな」と思いましたよ。何やってんだよって思いながら、次の日にまたオナニーしましたよ。

 

諦めたほうが楽になることもあるよね、いつも諦めてばかりで嫌になるけど。

今年こそはきら、、、、、、

「もういいんだよ、そんな頑張らなくたって」