デカダンス

日記のような、短編のような、詩のような、俺

盲人

 家に帰ってきて、服を脱いだら、静電気。もう、すっかりそんな季節ですね。

 

 恋は盲目とはよく言ったもので、最近はそのことばかり書いてしまって本当に申し訳ねぇ。だけど、今日もちょっと聞いてほしい。

 

 気になってるあの子に、こないだcryamyのCDを貸したんだけど、というのは、バンドの話になった時に、このバンドいいよ、と俺がすすめたら(彼女がすすめてくれたバンドは門前払いしたにもかかわらず)、彼女は良いねと言ってくれた。ので、じゃあcd貸すよ、と自然な流れで言えた。よく言ったぞ、童貞!!

 

 そんで、今日、そのcdを返してもらったんだけれど、歌詞カードになんか手紙でも挟まってねぇかなぁ、なんて、昨日、オナニーを二回した奴だとは思えないほどに、生ぬるく、馬鹿げた事を妄想していたが、何も挟まっていなかった。そういえば、こないだ、笹尾が俺の家に来た時に、家に入るなり、「クセェ、ぬいただろ!」と言った。どうやら笹尾くんは鼻が利くらしい。今後シコティの処理には気をつけようと、コタツでぬくみながら、しみじみそう思うマルコであった。

 

 cdを返してくれた時に、彼女は、「twistedがよかった」と言ってくれた。この、twistedという曲は、本当に俺がcryamyの中でいちばん好きな曲で、もういいんだ、もういいんだ、という歌詞を聴くたびに、いつもちょっとだけ救われる。別に自分が作った曲では全くないんだけれど、少しだけ自分を肯定してくれてるような気がして、俺は素直に嬉しかった。彼女の言ってる事を、100%信じてる訳ではない、建前上言ってくれてるのかもしれないし、彼女は世渡り上手だから、そういう小さな嘘をさらっと言えちゃうんだろうな、なんて考えも浮かぶ。でも、信じていたい、とは思う。めんどくせぇ奴だな。

 

 

 でですよ、彼女をcryamyのライブに誘おうかと思うのだが、どうでしょうか? いやしらねぇよ! うん、確かにその通りだ。他人のことに人は興味がない。でも、恋と喧嘩話は別じゃない、他人のことの方が面白いと思うのは俺だけかね。その前に、これってすごく自然な流れだよね? ぼく童貞だからわかんなーい(鼻につく気色悪い声で)、クエッションま〜く。

 

 ライブの日は、まぁ色々考慮した上で、12月の30日にしようかと思ってるんだけど、これってまずいのか、年末だから、ちなみに彼女は実家暮らし。まあ、クリスマスとかに誘うよりかは全然誘いやすい気がするんだけど、そんで、断られても、まぁまぁと言えるぐらいの心持ちではある。単純に、ライブ行きたいしね。肝心なこと言い忘れてたけど、どうやら彼氏はいないらしい(聞いた訳ではなく、盗み聞きした)。三平方の定理ぐらい大事なことだよね。

 

 前の恋と違うところは、比喩的にしかいえないけど、燃えてる感じが違う。前は大爆発の連続だった、それも不規則な爆発。爆発した瞬間はいいんだけど、その後の片付けがいつも大変だった。今回のは、すごく、穏やかに燃えてる。ロウソクの火ぐらい、静かで、ちょっと風がふくと消えちゃいそうなんだけど、案外消えないで、ずっと燃えてる。例えるならそんな感じ。だから、あんまり苦しくないんだよね。なんだろうねこれ、大人になったからなのか、それとも俺の感性が鈍ったのか。

 

 どこかで必死に生きている、社会人の女の子のブログを読んでいたら、本当に、男って簡単に女の子に嫌われるんだなぁ〜、気をつけなきゃなぁ〜、ダメなもんはいくら頑張ってもダメなんだなー悲しいなあと思う、唇が荒れて、水虫が再発したマルコであった。でも、案外、女の人の目は、男よりも、全然、人間の奥の方を見てくれてるんじゃないかなぁと思いもして、絶望と一緒にちょっと希望も持てた。男なんて、所詮VRで騙せるぐらいの、アホな生き物ですからね。重々自覚しております。

 

 今まで、散々、読者の皆様を、ビジネスいいねをするなクソ野郎が、とか、文章が下手なんじゃカス、しねアバズレネコババぁ、などとコキおろして来たが、どうか、過去のことはもうお互いトイレの水に流して、手を貸してください。恥も外聞も忘れた哀れな盲人に、どうか救いの手を。

 

 御意見、御感想、おまちしております。

 

 なんだこの文章、気持ち悪りぃな。これが冬ってやつかよ、かっかっかカカカッカーーーーーーー。

 

youtu.be

 なんの曲を選ぼうか迷ったけど、こういう自分のことが分からなくなりそうな時こそ初心に戻りたい。そういう思いで、この曲。めっちゃ落ち着くわ。できなくてもいいや。