デカダンス

日記のような、短編のような、詩のような、俺

パンクマンはかく語りき

 金曜日はいつもぐったりする。学校帰りにコンビニでアメスピ(ゴールド)とカフェラテを買って、ストロークのサムディを永遠とリピートさせながら、家でぐったりしてた。何もやる気が起きず、眠たくなってきて、コタツに入ってちょっと横になってみた。けど、ダメだった。夕方、迎えが来た子供達の声が聞こえてくる。やっぱり十二月ってなんか嫌いだなぁ。一月に食われて死ねばいいのに。のっけから何を言っているんですか。今日は爪の先から髪の毛の先まで全身がイキリ立ってるんだよ。そうさ、俺の名前はパンクマン。歌がパンクじゃないのは、いわゆる、シャレオツってやつ。

 

youtu.be

 

 昨日の夜、クソまずいレトルトカレーをつつきながら、線路の上であの子をライブに誘った。何だか、緊張も不安も突き抜けて、情けない諦めじみたものに変わっていた。どうせ、人はいつか死ぬんだし、そんな、思春期の猿みたいなこと言いながら、どストレートな文をラインで送った。男らしいって何なんだろうな。間違いなく俺は男なのに。それにしても、このサムディって曲いいな。俺、お前のこと、すっきやねんって感じ。綺麗な曲聴いてたら、嫌なこととか、何もかもがどうでもよくなって、すげぇ愉快になって、飛び跳ねたい気分になるよね(画面越しに投げキッス)。学もないくせに、すぐに必死で崇高な意味を求めようとする、見苦しい人たちのために、和訳付きの動画にしてあげたよ。すべてのことに、何でもいいから意味が欲しいよね。意味があったら安心できるもんね。分かるわぁ。わからないけど。

 

 文字通り、手に汗握りながら、返信を待っている最中。

 

 人は失敗からしか学べない。黙れ、殺すぞ、成功者め。でも、去年の夏、好きな女の子にいきなり遊ぼ!ってラインして見事にはぐらかされたことからは、確かに学ぶことがあったな。あれでちょっと強くなったと思うわ。ワンピースで例えるなら、ミホークにボロ負けした後のゾロみたいな感じ。認めるのだけは早かった。絶対にあの頃よりは成長したと思うけど、女の返信の遅さには、未だに慣れない。文通か!江戸時代か!って突っ込みたくなるわ。光の速度知ってんのか、カスどもがよ。笹尾くんなんて、送ったら2秒で返ってくるぞ。あいつは物理を超えた超自然的存在なのである。まぁ、男と違って色々あるんでしょ女の子は、月の障りとか、月の障りとか、月の障りとか・・・・・。最近俺も月の障りのせいか、些細なことでイライラしてしまい、その度に煙草をふかして、シコってる。本当にしょうもなさすぎることなので、ここに列挙するのは控えさせていただく。だけどお前らが怒ってることだって、全部しょうもないことだからな。あんまり調子乗んなよ、俺、泣いちゃうよ。

 

 何だよ、返信来たかと思ったら、母ちゃんかよ。勘弁してくれ。公衆電話から、三回電話があったから、心配になっちゃって、いやいや俺をいくつだと思ってるんだよ、こんななりだけど、もう俺二十歳だよ、こないだ康成と家で日本酒飲んで、ウメェなんておもちゃったよ。頼むからそんなボケ老人みたいなこと言わないでくれよ、こっちが心配になるわ。昔、親父に、「母ちゃんとどこで知り合ったの?」って真顔で聞いたら、「ゴミステーション」って真顔で言われたな。何だか文学の匂いがした。あぁ、今日のご飯なに?って言いたいわ。

 

 

 

 

 

 

 

 返信来た!! 大げさでなく、俺の何もなかった2018年がかかってる。本当に頼む、お願いだ。ダメダメな俺にだってたまには、いいことくれよ。マジで。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「親戚の用事が入ってるから・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 そっか。

 

 

 

 またダメだったか。ダメ元だったけど、なまらヘコむな。前とほぼおんなじだ。感情押し殺して、「りょす。」ってだけ送った。終わりました。イヤホンのボリュームをバカみたいに上げた。そうだ、そうだ、わざわざ色々アドバイスくれた人、本当にありがとね。今の感情を表そうとすると、クソっていう言葉しか思い浮かばない。でも、切り替えないとな。

 

 

 何書けばいいのか、わからんくなって来た。めっちゃ寒い。チャーハンうまい。これ誰のペン。どうやら、俺の勘違いだらけだったらしいな。タバコ吸って、シコって、寝よう。今日はぐっすり寝れそうだ。

 

 

 

 

 

 母ちゃん、俺、今泣きたい。